上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

【いいかげんじゃないよ!いい加減に生きる】第10回勉強会

5月30日(木)第10回勉強会を開催しました(^^)/~~~

 

 

 

今回は、【いい加減に生きる】とは、心にとっても体にとても、

どんなに効果があるのか?

いい効果をもたらすストレッチなどを、

皆さんと一緒に行いながらの勉強会でした。(^o^)

 

 

 

今の時代、老いも若きもストレスに悩む方は多いと思いますが、

からだと心に無理をさせてしまう生活が、

当たり前になっている方も、たくさんいらっしゃるようです。

 

 

過労死や自殺まではいかないとしても、

つい頑張りすぎてしまうことが「くせ」になっている・・・

心当たりのある方が多いのではないでしょうか。

 

 

人は毎日の慌ただしい生活の中で、どこか自分をギュッと抑制し、

本当の自分をひた隠しにしながら生きています。 周囲の評価も気にしがちです。

 

 

私達は、さまざまな理由で、少しずつ自分の希望、

願望をいつかどこかで忘れてきたのではないでしょうか。

ありのままの自分を出せず、悩み、苦しんできたのではないでしょうか。

 

 

そんな状態が続くと、自分が疲れていることも気がつかなくなります。 

さらに無理を続けると、心身に不調が出てきて、病気になります。                   
 

 

ですからまず、自分の心身を解放すること、これが先決です。 

そしてこの解放が、本来の自分を取り戻すことへと繋がるのではないでしょうか。

 

 

「頑張りすぎる人」 は、いい意味で 

いいかげんではなく 「いい加減」 に生きる!

 

物事をこうすべきと考える人は、真面目な人ですから、 

その事を頭から否定しませんが・・・

それは、自分にとどまらず、次第に他人にも、

こうすべきと、同じように強いるようになります。

 

人は皆、違う価値観で生きています。 

気持ちの押しつけまでしてしまうのは?・・・・・

 

 

ここで、ちょっとイメージしてください。
「頑張るところまでやれる、もっと頑張るとあそこまでやれるかも。 

でもたぶん、心やからだに負担がかかる。 

そこまで頑張っても、実はたいしたことじゃない。 

 

それに頑張りすぎると、いつか病気になる」
からだを壊してまでやるべき事など、この世にはありません。

 

 

その為にも、「いい加減に生きる」エクササイズをしていきましょう。
                                       

 

※ まずは、呼吸に意識を向ける。 「4-7ー8呼吸法」
  の呼吸法が一番楽だと思います。

①  口を閉じて、4つ数えながら、鼻だけで息を吸い込む。
②  7つ数えながら、息を止める。
③  8つ数えながら、息をゆっくり吐き切る。

【ツボを押す】
そのポイントを刺激することで、筋肉の緊張をほぐしたり血の巡りを

改善したりする効果が見込めます。
からだがリラックスすることで、安眠にも効果があります。
ツボを押すという治療方法は、WHO(世界保健機関)にも、

認められているほどメジャーになりつつあります。
                                      

 

★ 安眠におすすめのツボ

◎ まず有名なのが百会(ひゃくえ)というツボ。 

 

頭のてっぺんの、指で押すと若干へこむところが百会です。 

百会を左右の中指を重ねるようにして押します。 

百会は睡眠に効果があるほか、頭痛や目の疲れにも良いとされています。 

寝る前以外にも、仕事中に押しても効果が期待できます。

 

 

◎ 次に安眠(あんみん)というツボ。 

名前の通り安眠を促進してくれるツボです。 

耳の後ろにある尖った骨の指一つ分下が安眠のツボです。 

押し方は、頭の後ろから反対側の手を回し、その手の中指で押さえます。 

首を手のひらで包むようにすると、しっかりと刺激を与える事が出来ます。

 

 

◎ 最後が失眠(しつみん)というツボ。 

これは、足裏のかかと中央に位置しています。 

ただ指で押しても刺激が届きにくいので、ゴルフボールや硬い突起物で押すと効果的です。 

またお灸を置いて温めてあげると、表面だけでなくより深部まで刺激が伝わるので、

さらに快眠を促進する効果があります。

 

※ ツボを押すのに注意してほしいのが、力んで強く押そうとしないこと。  

あくまでもツボに刺激を与えリラックスさせることが目的なので、

イタ気持ちいいぐらいが丁度いいです。               

 

 

★ 寝る前におすすめのストレッチ方法
 ◎ 仰向けに寝て、手を上に、足を下にグーッと伸ばす。
 ◎ 仰向けで、片膝を抱え、胸にグッと近づける。
そのまま抱えた方の足首を回す。逆も同じように行う。

 

 

★ 脳の疲れを取る為の、ストレッチです。
 ◎ ・床にうつぶせになって、頭を左右どちらかに向ける。
   ・顔を向けている方のヒザ下と反対側の脚を平行に保ち、

   ヒザが90度になるように、ゆっくり脇に近づける。
   ・筋肉の抵抗が強まったら5秒キープ、元に戻して反対も行う。

 

 ◎ ・仰向けの姿勢で、両手で両ヒザを抱え込み、腰の筋肉を30秒間伸ばす。
   ・そのままヒザを顔に近づけ10秒キープ、3回繰り返す。
                                       (5)                                      
 

 ◎ ・固い床に仰向けに寝て、枕やクッションなどをお尻の下に置き、

   両手と両足を伸ばした状態で60秒間リラックス。 
   ・枕を腰の下に移動させて、同様に60秒間リラックス。

 

 ◎ ・椅子に座って、太ももの上側を腰に近い方から3カ所に両手で圧をかける。
   ・1カ所あたり5秒キープして、ふわりと離し、3回繰り返す。反対の太ももも同じように行う。

 

 ◎ ・右腕を頭の上に回して、左手で右手をつかんで前方に引き10秒キープ。
   ・そのまま左ひじを脇腹に近づけるようにして、体を横に倒し、10秒キープ。
   ・3回繰り返したら、反対側も同じように繰り返す。

 

 ◎ ・椅子に座って顔の前で両手の指を組み、手のひらを外に返して腕を前方に伸ばす。
   ・そのまま上半身を前に倒して10秒キープ、これを3回繰り返す。

 

 ◎ ・息を吐きながら片腕を上に伸ばし、反対の腕の肘を曲げて、後方に引き、10秒キープ。
   ・スッと力を抜いて3回繰り返し、反対も同じように繰り返す。

 

 ◎ ・人差し指の先を鼻の上に置き、より目にして、その指を30秒見る。
   ・腕を前に伸ばして指先を30秒見たら、自分の周りで一番遠くにあるものを30秒見る。
   ・瞬きをしながら目を右回りで3周グルグル回し、左回りも3周回す。

 

 ◎ ・おへその周り2~3センチのところに、中指と薬指の腹を当てて、小さく回すように10回押す。
   ・おへその周りを90度づつ移動させながら、同じ事をして1周する。

 

 

では皆さん、今日を機会に、

たまには 「いい加減」 に生きてみましょう。

人生の主役は、自分です。

“ 私の人生の主役は私であり、あなたの人生の主役は、あなたです” 

 

 

ほたはりきゅういん