上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

夏の冷え~冷え~(>_<)

冷え~ヒエ~冷え~(^^;)

 

”冷え”というと寒い冬をイメージするけど・・・

実は夏の”冷え”で、体調を崩す人が結構多いから(^^;)

油断は大敵ですぞ(*^O^*)

 

 

私たちの体は、気温などの環境に応じて体温を調節する必要があるから

暑い季節には冷たいものを、寒い季節には温かいものを、というように、

衣類や飲食物などで少しでも体温の調節をスムーズにしようと

 

  

 

 

脳が体がそうなっているんだけど・・・

冷房が完備された現代生活では、

対策しないと夏の冷えを引き起こして、不調になったりするね(-_-;)

 

 

★★★ 夏の冷えの特徴は、【内臓の冷え】

 

胃腸や膀胱が冷えて胃腸炎や膀胱炎になったり、

女性は卵巣や子宮が冷えて生理不順や不妊症にも繋がっていくらしいの・・・

自律神経の働きも乱れて、倦怠感や不眠、食欲不振を引き起こす・・・

 

 

(^^)/~~~
自分では冷えていないと思っていても、

実は冷えている人は多いもの。

 

まずはセルフチェックで、

冷えているかどうか確認してみよう!!

 

・手足が冷たいのに顔がほてることがある
・下半身太りが気になる
・手足がむくみやすい
・アンモニア臭がする
・肌がくすんでいて、目の下にくまができる
・肌がかさかさしている
・首や肩、背中にコリやハリがある
・汗をかかない、または汗がたくさん出る
・便秘や下痢になりやすい
・頭痛がある
・生理痛が重くてつらい
・下腹部に触れると冷えている

※ 3つ以上のチェックがあったら、夏でも冷えてるってことらしい(>_<)

 

【夏の冷え】の対策は、色々あるけど・・・

                          春瑠瑠は、体の中から暖める方法を書いてみましょうね(*^O^*)

 

漢方では、食べ物は体を冷やす「陰性食品」と

体を温める「陽性食品」があるんだけど(^^)/~~~

 

★ 陰性食品は、暑い土地の原産で夏が旬なの。

  色が薄く、水分が多い傾向にあるよ。

 

★ 陽性食品は、寒い土地が原産で冬が旬なの。

  色が濃く、水分が少なく塩気が強い特徴があるよ。

 

冷えの予防・改善には、夏でも陽性食品を食生活に取り入れるといいの(*^O^*)

 

陰性食品でも、工夫次第で陽性食品に近づけることができるんだよ。

豆腐や夏野菜などの陰性食品は生食を避けて加熱したり、

体を温める味噌や醤油などの調味料で料理したり、薄味が大事だよ(*^O^*)

 

●陽性食品

りんご、さくらんぼ、ごぼう、にんじん、れんこん、ショウガ、

黒砂糖、玄米、そば、漬物、チーズ、海藻類、タラコ、

ちりめんじゃこ、鮭、カニ、卵、赤身の肉や魚、黒豆など

 

 

●陰性食品

バナナ、みかん、すいか、レタス、白菜、きゅうり、白砂糖、

バター、マヨネーズ、白米、うどん、牛乳、豆乳、化学調味料、

緑茶、コーヒー、コーラなどの清涼飲料水など

 

毎日暑いと、仕事が終わったら、

グイーッと冷え冷えビールが美味しいもんね~♪

でも、春瑠瑠もほどほどにしときましょ(@^▽^@)

 

 

ほたはりきゅういん