上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

かゆかゆ~かゆい(^^;)

体のどこかが【かゆい】って、誰でもいろんな事が原因で体験してるよね(^^;)

 

 

 

そもそも、【かゆみ】って、何なんだろう?

どうしてなるんだろうね・・・

痛いのは少しは我慢が出来る現象だけど・・・

かゆいのは、我慢できなくて掻いちゃう~(>_<)

 

★そもそも【かゆみ】って?

辞書で引くと・・・かゆみは、「引っ掻きたくなるような不快な感覚」と定義されている。

実は、かゆみは体(カラダ)を守る防衛反応のひとつなんだとか・・・(^_^)

 

例えば、皮膚に異物が付いた際に、かゆみを感じることによって、

異常が起きている場所を私たちに知らせて、

 

その異物を掻いて取り除こうとする行動を起こすことから、

かゆみは一種の生体防御反応であると考えられているのだとか・・・なるほど・・

 

最近の専門家の研究によると、

吐き気とかゆみは、仕組みが似てるらしいのですよ。

 

吐き気も食べたものに異常があることで生じる感覚であり、

吐くことで異物を体の中から出そうとする・・・

 

どちらも・・・体を守る防衛反応であることが推察できるとのこと。

さらに、かゆみは体の異常を知らせるサインであることも分かってきて、

 

 

例えば、【がん】ではその発見の元が、なかなか治らないかゆみを感じたり

内臓疾患では全身に湧き上がるようなかゆみを感じることで異常を知らせる事もあるそうなの。

 

                            

 

 

★ どうしてかゆくなるなるんだろ?

 

私たちにとって「痛み」や「かゆみ」は大切な皮膚感覚(^^)/~~~

大切な感覚でも・・・辛いよね(>_<)

 

私たちは経験的に「痛み」は皮膚だけでなく体の内部でも感じることを知っているよね(^_^)

「かゆみ」は体内の臓器では感じない・・・

胃が痛い」ということはあっても、「胃がかゆい」ということはない。

 

だから、痛みとかゆみは別々の神経によって脳に伝えられるということだね。

 

皮膚がかゆいんだけど・・・感じているのは脳というわけだ(^^;)

たとえは・・・かゆみを引き起こす物質としてヒスタミンが有名ですが、

ヒスタミンが神経にはたらくと、脳でかゆいと感じるとのこと。

 

 

一端、かゆくなると、私たちはかゆい場所を引っ掻くよね(^^;)

掻くと最初は気持ちが良いけど、その後は痛くなってくるから、

掻くことを止める、同時にかゆみもおさまるけど・・・

 

 

かゆいところを掻くと一時的に「気持ちいい」と感じるけどね・・・

 

掻き過ぎると、皮膚を傷つけたり、湿疹などの皮膚のトラブルが悪化したりするし・・・

 

わずかな刺激にも反応してかゆみが起こりやすくなる

「かゆみの悪循環」を発症してしまうんだって(>_<)

 

 

【専門的に言うと・・・】

★かゆみを感じると、ついつい掻いてしまいます。

★掻くと気持ちが良いし、ひりひりするまで掻いてしまえば、しつこいかゆみから一時的に逃れることができます。

★しかし、強く掻くと皮膚のバリア機能、すなわち外からの異物に対する防御機能が低下してしまいます。

また、体の中から水分が外に逃げてしまい、皮膚から水分が失われることで乾燥肌になります。

★バリア機能の弱まった皮膚からは、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンなどが体内に入りやすくなり、

 衣服のこすれなどのちょっとした刺激によってもかゆみ神経を刺激することでますますかゆくなります。

★また、かゆいところを掻くと皮膚に存在する細胞から炎症を促すさまざまな物質や

 かゆみの神経にはたらく物質が放出されて、結果的に皮膚炎がさらに悪化し、かゆみも強くなります。

★いったん掻き始めると、そのまわりの皮膚もかゆくなったりします。

 すると、もともとかゆかった場所よりも広い範囲を掻いてしまい、

 皮膚のダメージは広がり、皮膚炎はどんどん悪化します。

 

掻き過ぎ厳禁!

かゆみの悪循環を止めるためには、まずかゆみを止めることが大切です。

かゆいときにはかゆい部分を冷やしたり、

別のことに意識を集中し、

気を紛らわす工夫をすると良いでしょう。

 

でも・・・・・・かゆいのは辛いもんね(>_<)

         

ほたはりきゅういん