上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

第13回 心と体の勉強会 【ストレスとは?】開催しました。

8月29日勉強会を開催しました。

 

「ストレスとは?」 「ストレス解消!!」 「努力せず今すぐ出来ること」

 

ストレスとは何なのか?

ストレスという用語を難しい言い方をすると・・・物体の外側からかけられた圧力によって、
歪みが生じた状態だそうです。
また、簡単に言い換えれば、風船を指で押して押した力によって風船が歪んだ状態といった感じでしょうか。
ストレスがたまると私達の体は、コルチゾール(副腎皮質から分泌されるステロイドホルモン)
の分泌量が増え、心拍数の増加や体温・血圧・血糖値を上昇させます。

※ ストレスは、「これで!」たまると聞いて、意外な5つのものを紹介していきます。
   意外なストレスの原因とは、何なのか?
1 ・あらゆる我慢       2 ・趣味         3 ・恋愛
4 ・人付き合い        5 ・何もしないこと                  
 

 

1 ・あらゆる我慢
ストレスがたまるのは、ありとあらゆる我慢をした時です。
我慢一つ一つに関してはとても些細なことだったとしても、ちりも積もれば山となるとい うように、確実にストレスは溜まることになるでしょう。 
他人に何かを譲ることが多い人や、自分に厳しい人は、気付かないうちにありとあらゆる我慢が原因で、ストレスが溜まることも。 
自分ではたいしたことがないと思っていても、本心ではそう思えていないのです。
我慢をするということは、どんなポジティブに考えていても少なからずストレスとして溜まるものなので、我慢のしすぎには注意をすることや、

我慢によってストレスが溜ることはある程度自覚しておくといいですね。 

2 ・趣味

ストレスが溜るのは、趣味にもいえることです。                       
ストレス発散に使われる趣味ですが、趣味もやり続けていれば、それだけ真剣に取り組むことになり、上手くいかないことや思い通りにならないことに対してストレスが溜ることも。 

例えば、自分一人で行う趣味だったとしても、なかなか上手く出来ないことやスランプを感じてしまえば、ストレスが溜ることがあります。
また、誰かと一緒にやる趣味だったとしても、自分一人ではないからこそ上手くいかないこともあり、ストレスが溜るケースもあるでしょう 。              

3 ・恋愛

ストレスが溜るのは恋愛にもいえることです。 
これは、ひとによっては意外と思うストレスが溜る原因でしょう。 自分でもストレスの大半が恋愛であるという人もいます。 恋愛は自分一人ですることが出来ないものなので、大きな悩みや壁にぶち当たることが多いもの。                         
そんな悩みなどに衝突をしてしまうと、恋愛が大きなストレスになり、時には食欲不振や何事も手に付かないなどの、生活に支障をきたすこともあります。         

4 ・人付き合い

ストレスが溜る原因には人付き合いがあります。 
これは、どんな人でも少なからず溜まるストレスの原因でしょう。 人付き合いというものは、自分だけでは出来ないもの。 
他人の気持ちや考えが分らないため、どんなに気を許した相手だとしても気を使うことや思いやることは無意識にやってしまう場面もあるでしょう。 そういったものをストレスに感じていなかったとしても、積み重なることによって繋がっていくのです。  
しかし、人付き合いはストレスだけではなく、ストレス解消に繋がることもあります。そういったバランスが取れている関係は上手くいきやすく、逆にストレスばかり溜る関係は壊れやすいと言えるでしょう。                                     

 

5 ・何もしないこと
 

ストレスが溜まるのは、意外にも何もしないことというのも原因としてあげられます。
何もしないということは、とても退屈であり、もどかしくもありますよね。時には、本当にこれでいいのだろうか・・・という疑問を抱くこともあります。 そういった気持ちが、ストレスが溜る原因になっていくのです。 人は、ある程度何かをしていないと気分が晴れないものです。 何もしないということは、とても楽なように見えて、意外にも精神的に大きな負担を抱える恐れもあるでしょう。 結果として、ストレスが溜る原因になり得るといえるのです。

 

※ まとめ
ストレスが溜る意外なものを5つ紹介してきました。 どんなストレスも感じないと思っていても、100%負担にならないことというものは存在しません。 些細なことだったとしても、積み重なれば確実にストレスとして自分の中に溜まるのです。ストレスは絶対溜らないと過信し過ぎずに、何事も適度に息抜きすることや、別のことをすることでストレスが溜まるのを防いでいきましょう。      

 

 

 

★ イラッとしたら、これでストレス発散!!

1 ・ウソの笑顔でOK・・・まず笑うこと(*^O^*)
 心から笑えるまで、ひたすら笑顔を作りましょう。一般的には、むりやり感情を作ることはよいことではないとされていますが、たとえ本心では面白くないと思っていても、「作り笑い」を続けることで、脳が幸福感を覚えるようになるとのこと。
これは、短い時間で緊張をほぐすことが出来るし、自分だけでなく周りにもいい影響を与える可能性があります。

2 ・意外!? 親指を吸う (?_?)
 この方法を知ったとき、私はすぐに試してみました。そしたら、本当に安心感が。
 口に親指を入れて空気をなくすように親指を吸うことで、心拍数を下げて血圧を低下させる役割を果たすと言われる迷走神経が活性化されるらしいのです。
仕事中やちょっと空いた時間に、人に見つからないように隠れて。 こっそりと、ストレス解消法を試してみるのもいいと思います。                              

 

3 ・脈を遅くする手軽な方法
 もし、親指を吸うのが難しかったら、もっと控えめな方法を
実は、親指に冷たい空気をそっと吹きかけるだけでもストレス軽減に繋がるのです。
何故かというと、親指にも脈があるので、吹きかけることで脈を遅くすることが可能なのです。 これにより、ちょっと落ち着くことが出来るみたいです。

4 ・ちゃんと有効みたいですよ! ガムを噛む(^_^)
 ストレスを感じてしまう状況にあるときなら、ガムを噛む!
  ただし、人工甘味料が使用されていないガムを噛みましょう。 不安な気持ちを落ち着かせることができ、前向きな気持ちになれるのです。 仕事中にガムを噛むことは、時と場合によりますがね。
  でも、友達といるときや、一人でいるときなどは、気兼ねなく試せる方法です。
                                                     
5 ・「フラクタル」を見つめる
  簡単に説明すると、「フラクタル」とは、花びらや蜘蛛の巣のカタチのように、自然界で発見できるパターン化されたもののこと。 海に行って、波をぼーっと眺めてみたり、空から降る雪を眺めてみたり。 こうするだけでストレスを最大60%減らす効果があります。

 

6 ・シンプルだけど、やっぱり深呼吸 (^o^)
  これは、ありきたりなことと思われるかもしれません。が、深呼吸がもたらす効果は絶大で、健康にもいいそうです。まずは、呼吸をゆっくりと、次に肺が限界まで膨らむまで息を吸い込む。そして、ゆっくり息を吐き出します。 これを意識して深呼吸することで心拍数を下げ、さらにストレスを発散するために、副交感神経系を活性化させることも出来るのです。
                                                      
 
7 ・ 植物をレイアウトする (^^)/~~~
  植物に囲まれて生活することで、緊張を和らげることができ、短時間で血圧を下げる効果があるそうです。

 

8・指の関節と関節のあいだをプッシュ (?_?)
  指の第二関節と第三関節の間を押すこと。 これはとても特殊な方法に思う人がいるかもしれませんが、こうすることで、ストレスによるソワソワした気持ちを和らげることが出来きます。

 

9 ・コーヒー・紅茶ではなく緑茶を! 
  緑茶には、テアニンというカフェインの作用を弱めるアミノ酸の一種を含んでいます。
  カフェインは、心拍数を上げて、ストレス反応を強めることも。
  不安を感じたら、緑茶を飲んで落ち着きましょう。                     
                                                 
 10 ・一石二鳥!家事をする(*^O^*)
  普段からやり慣れてることをするのは、ストレスを軽減するのにとても良い方法です。
  もし、何か精神的に追い込まれることがあるのなら、気を紛らわす為に家事を。
  例えば、キッチンを掃除したり、ゴミ捨てに行ったり。とにかく、身の回りを整えるようにしましょう。 

  職場にいるような時なら、ランチ休憩を使ってちょっとした用事や買い物に。
  トイレに行くために外に出るのもいいと思います。 

 

 

【まとめ】

「生きがいを持つ」いくつになっても生きがいを持って前向きに楽しく暮らしていく。
また、「自分が気持ちいいこと」を選び、「出来るだけ自分で決め、自分で責任を持って
やる」 つまり、毎日の暮らしを自分の力で送ることは、大きな生きがいとなるのです。
※ けっして、他人とも昔とも比べることをやめて、「今の自分」が一番素晴らしいと、
   思ってくださいね。                               

ほたはりきゅういん