上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

【おしっこ】の出るしくみ(^o^)

 

 

オシッコの出るしくみは何となく分っているけど・・・

チョット調べてみたくなって(^^)/~~~

というのも、春瑠瑠は年をとってくるにつれて

昼間は、あまり行かない方なのに、

夜、オシッコに行く回数が増えてきて(^^;)

チョット調べてみましょ!と(*^O^*)

 

   

 

 

尿とは、血液によって集められた老廃物のこと。

 

血液はとっても働き者で(^o^)  

全身の細胞にせっせと栄養や酸素を届ける代わりに、

細胞からは老廃物や二酸化炭素を集めてまわっているんだよ(*^O^*)

 

血液が集めた老廃物が腎臓でろ過されて、

水分とともにこして、

出されると尿になるのだ!(^^)/~~~

 

尿は不要なものを体外に出すという以外に、

血圧や必要成分の量を調節するという働きもしてるんだよ(^o^)

 

私たちの体を健全に保つために大切な役割を果たしてるんだよね~❤★❤

 

さあ!このオシッコくんがどうやって体の外に出て行くのか?

 

 

腎臓で尿が作られると、

 

左右それぞれの尿管を通って膀胱に集められるんだね(^^)/~~~

尿の量がだいたい150~300ccになるまでは、

膀胱に入れてためておいてくれるんだよ。

 

 

尿をためているとき、膀胱の筋肉は緩んでゆったりと広がっていて、

反対に尿道はギュッと閉じられている。

 

 

このとき、尿道を閉じる役目を果たしているのが、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉。

ここには尿道括約筋などが含まれていて、膀胱の開け閉めをしているよ(^o^)

 

骨盤底筋群が無意識のうちに締められているから、尿をもらさずにためておけるって訳(*^O^*)

 

膀胱いっぱいに尿がたまると、この情報が脳に伝えられて、

脳からは「おしっこをしよう」という信号がだされるんだね(^^)/

 

 

 

これが尿意なのだ!!

 

尿意を受けてトイレに行くと、今度は膀胱が縮んで尿道が緩み、

たまった尿が排出されるんだね。(^^)/~~~

 

膀胱の中身がからっぽになると、再び膀胱が緩んで尿道が締まり、尿をため始める。

 

尿意を受けてもトイレにすぐに行けないときは、

脳からは「まだダメ」という指令が出て、意識的に尿道を閉じておける!

 

 

だからギリギリまで尿がたまっても、

普通はもらすことなくコントロールできるって訳だよ(^_^)

 

 

男性と女性の違いは?

 

蓄尿と排尿の2つの機能は、男女ともにほとんど同じなんだよ。

では何が違うのかというと・・・

尿道の長さと骨盤底、つまり泌尿器のしくみがちがうんだね(^_^)

 

男性の尿道は20cmほどもあって、前立腺にぐるりと囲まれ、

出口までに2カ所折れ曲がっている。

それに、尿道を閉める骨盤底筋群は、女性に比べて頑丈なんだよ(*^O^*)

それに対して、女性の尿道はわずか3~4cmで、前立腺もないし

尿道は出口までまっすぐ下りている。

 

骨盤底筋群は出産に備えて柔軟にできていて、

男性よりも緩みやすくなっているんだよね(^^;)

 

こうした違いがあるから、男性と女性では、なりやすい尿モレタイプも異なるというわけ。

 

 

 

尿漏れって、女性の専売特許のように思われるけど・・・

男性でも、尿漏れはあるんだよ~(^^;)

 

男性の場合は、長い尿道の一部分がすぼまったり広がったりしやすくて、

尿を出すときのシステム(排尿機能)に障害が出がち。

 

いっぽう女性の場合は、骨盤底筋群が緩みやすいから、

尿道を閉じて尿をためるシステム(蓄尿機能)に障害が出やすいとのこと。

 

 

ふむふむ(^^)/~~~なるほど  

ほたはりきゅういん