上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

滑舌をよくするって~?( ^^) _U~~

 

滑舌とは?・・・

 

 

字の通りで下を滑らかにする~動かすっていうことだね(*^-^*)

アナウンサーには必須なことだけど、

 

 

滑舌を鍛えると、老化防止~認知症予防にもなるんですと(^_-)-☆

 

ということで、この間の「心と身体の勉強会」の時に、

リラックスタイムが春瑠瑠の担当でして(^^♪

色んな楽しいゲームや笑いヨガとかをしてるんだけどね~🎵

 

 

今回は、滑舌を鍛えるというのを目的とした、体操と・・・

早口言葉をしたのです(#^.^#)

 

 

 

滑舌が悪い原因は・・・

 

「舌の筋力」と「表情筋」の衰えが大きな原因らしい(*^_^*)

舌の筋力の衰えは食事の噛む回数や、

会話をする機会が少ないことが原因とのことで・・・

 

「か行」「が行」「さ行」「ざ行」「た行」「だ行」「な行」「ら行」

の音が発音しづらいという人は要注意!(*’ω’*)

 

 

年齢に関係なく、柔らかい物ばかりを食べている人は舌の筋肉が衰えてしまう。

 

 

滑舌とつながりのある表情筋は、

 

口の周りに10種類以上あって、

表情が動かなかったり、会話が少ない人は表情筋が発達せずに硬くなってしまから、

活舌が悪くなりやすい・・・(#^.^#)

 

それから・・・
表情の暗さも滑舌が悪くなる原因に(*’ω’*)

 

表情が硬い・暗い人は、表情筋を使う頻度が少ないので、顔の筋肉が低下しがち。

筋力が衰えることで口周りの筋肉も衰えてしまい、舌が上手く回らなくなりる。

口周りの筋肉が衰えることでも、滑舌が悪くなる。

表情筋には20種類くらいの筋肉があって、

中でも口輪筋は口の動きにも関係しているから・・・

口輪筋が固くなると、口の動きも小さくなってしまう。

大きく口を開けて話せないから、声も小さくなってしまいがち。

 

そして・・・舌の動きも制限されるから、滑舌も悪くなる

 

滑舌をよくする体操は、いろいろあるんだけど(^^♪

その中でも、楽しく口の周りの筋肉や舌を鍛えるのに・・・

早口言葉がいいらしいの( ^^) _U~~

 

 

勉強会でやった早口言葉が、けっこう面白いんだよ(^_-)-☆

ポニョの子子ポニョ!

ニョポの子子ニョポ!

ポコニョの子子ポコニョ!

 

 

この早口言葉をやった日の夜・・・~・・・

夢の中でも、ポニョの子~って春瑠瑠はやってたよ(*^▽^*)

 

ほたはりきゅういん