上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

食べられる野草~カキドオシ・・・糖尿病(?_?)

  

 ↑ ↑ ↑

【カキドオシ】って知ってるかな? 

 

カキドオシっていう名前は知らなかったけど・・・

 

春瑠瑠と愛犬ハービーがいつも散歩する道の

  

 

土手にたくさん、どこにでもあるよね(^_-)-☆

 

昨日、篠原 準八という山野草料理の第一人者の方が書いた

「つみくさ薬効料理」という本を読んでいたら、

春になって道端で目にしている【カキドオシ】が、

糖尿病改善効果があると書いてたの。

 

春瑠瑠の妹の様なお友達が、この病気で長年辛い状態だから・・・

しかし、(ほたはりきゅういん)のリョウ先生の治療で、

だいぶ改善効果を上げてるんだけどね(*^-^*)

 

その彼女にも、春瑠瑠の仕入れた情報を読んでもらいたいなと思って、

今日は【カキドオシ】のことを取り上げてみましたよ(*^▽^*)

 

 

 

・・・調べてみると・・・

 

カキドオシは幅広い効果・効能が期待できる薬草でありながら、

家のまわりでも見つけることができる大変身近な植物です。

 

高血圧や糖尿病などの予防改善に役立つ上、

副作用がないのも安心できます。

 

和ハーブと言われていて、

シソの香りとミントの風味でリラックスもできます。

 

1968年には、日本生薬学会で、

糖尿病改善効果が期待できることが発表され、

薬草として広く知られるようになりました。

 

~♬ と書いてありました。

 

 

 

★★★(取り方・食べ方・飲み方は・・・)

 

採取は、十分成長して花が咲く4月から5月が適しているけど、

葉や茎だけを煎じたものでも薬草としての効果が得られるから、

花が咲いた後の5~8月でも問題はないとのこと。

 

カキドオシは地上部全てを食用として利用が可能なんだって(^_-)-☆

ただし料理にして食べる場合は、先端近くのやわらかそうな部分を採取するのがおすすめ。

乾燥させて煎じるのであれば、根っこから引き抜いて利用できるとのことですよ。

 

似た植物があるから、注意!!

*カキドオシに似ている植物 ①ムラサキサギゴケ

        花の中に、黄色と赤の斑点がある、

        葉っぱが楕円形であることも見分けるポイントのひとつ。

 

*カキドオシに似ている植物 ②トキワハゼ

        トキワハゼは花の形こそ似ているが、

         大きさが0.5cm~0.7cmと小さいから

        ムラサキサギゴケよりもわかりやすい。

 

*カキドウシに似ている植物 ③ツボクサ

  ツボクサの茎は丸いので、どちらか迷ったときは茎をちぎって断面を確認する。

  カキドオシの茎が四角いのに対して、ツボクサの茎は丸いので、

  どちらか迷ったときは茎をちぎって断面を確認しよう。

 

★香りで見分けられるよ(^_-)-☆

カキドオシの大きな特徴として独特の香りがあって、

シソのような香りとミントの風味。

カキドオシかどうか迷ったらちぎって香りをかいでみるといいんだって。(*^-^*)

 

カキドオシの葉茎は~♥

乾燥させて煎じることでハーブティーとして利用できるよ。

副作用を気にする必要がないから、

日々の生活に気軽に取り入れられるのが嬉しいポイント。
カキドオシのハーブティーを作ろう(^^♪

 

 

山野草を使った定番料理と言えば天ぷら。

花も一緒に衣をつけてかき揚げのように揚げるといいって(^_-)-☆

見た目も春らしく、特有の香りが口いっぱいに広がるね。

 

あとは、カキドオシの「おひたし」

ほうれん草や小松菜のおひたしを作る場合と同じく、塩を少々入れたお湯でさっとゆがいて絞って、

だし醤油をすこしだけ垂らして食べるのがおすすめ。

 

 

それから、それから(*^▽^*)

カキドオシはカレーにいれてもおいしく食べることができるんだって~♬

他のスパイスに負けない芳香があり、

いつもと違ったカレーが味わえるよってるよっって(*^▽^*)

 

このカレー、春瑠瑠もやってみようかな~ルンルン

ほたはりきゅういん