上田市の鍼灸院

「誰にも相談できない体の悩みを話せる鍼灸院」
「どこで何をやっても治らなかった方」
0268-71-0818

ほたはりきゅういん

ブログ

マスクの歴史

新型コロナウイルスの感染拡大で・・・

マスクがお店から消えて、もう何か月もたつね(*’ω’*)

 

ところで、マスクって何時ごろからあるんだろう?

 

調べてみました~♬  

 

日本でのマスクの歴史は、明治初期に始まるんだって~(^^♪

 

明治大正時代は、「工場マスク」といわれ、

文字通り工場内での粉塵よけとして作られたんだとか・・・ 

 

そのころの製品は、真ちゅうの金網を芯に、

布地をフィルターとして取り付けたものであったと。

 

 

このマスクが・・・

 

1919(大正八)年にインフルエンザが大流行すると、

その予防品としてマスクが注目を集めたんだって。 

 

このときの需要はブームともいえるもので、

供給が追いつかずメーカーが乱立して、

品質の低下てして、粗悪になったらしい(*’ω’*)

 

その後、関東大震災までは需要も落ち着いて、

徐々に普及していったとのこと。

 

 

当時はまだ商標が使用されていなくて、

関東大震災後、

内山武商店というところから発売された「壽(ことぶき)マスク」がその第1号となった。 

 

   

 

 

1934(昭和9)年にインフルエンザが猛威をふるい、

再びマスクが流行した。

 

以後、インフルエンザがはやるたびに、

マスクの出荷量も爆発的に増えていったんだって(^_-)-☆

 

それとともに、さまざまな工夫も重ねられ、

枠のない布地だけのものが誕生!!

 

また、布地もガーゼが使われるようになったりして、

次第にその形を変えていったんだよ・・・ 

 

流行と衰退を繰り返したマスクであったがやがて花粉症の流行により、

再び注目を集めるようになったんだって。(*^-^*)

 

 

 

フィルターにもハイテクが応用され、細菌などを防ぐ静電フィルターなどが開発された。

 

 

現在の形になったのは、昭和23年ごろからだそうでーす(*^▽^*)

ほたはりきゅういん